読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikkei225オプション日記

日経225オプションをこよなく愛するためのサイト

参院選の結果と日経平均について

参院選が終わりました。結果は、ご承知の通り、与党が勝利しました。改選議席121議席(今知りました。)のうち61の過半数を自公が確保、現時点で64議席に当確が打たれてます。負けは民進党社民党その他、勝ちはおおさか維新、共産党で、民主党が政権を失った2012年12月の衆院選から現在まで、同じ流れがずっと続いている印象です。
今回の選挙結果はマスメディアの事前予測とほぼ一緒で、現在の株価にもそれが織り込まれているように思えます。また、自民党の選挙公約においても、これといった新しい政策を掲げておらず、要は現状の状態を続けるということですから今回の選挙結果を受けて、株価が反応する展開は考えにくいです。安倍首相が消費税の増税をやめるとか、逆に5パーセントに戻すというのなら別ですが…。
現状の株価変動については、1にも2にも為替です。短期的には為替介入が行われる動きがあるのか、中長期的には、7月28日から7月29日(金)の日銀政策決定会合で追加緩和がなされるのかどうかがポイントとなりそうです。昨日のブログを繰り返しますが、為替水準を中長期的に決めるのは日銀の金融政策です。
7月下旬までは上に行ったり、下に行ったりの方向感のない展開が予想されます。株価が大きく上昇したら、PUTを買い、大きく下落したらCALLを買う逆張り戦略が有効な気がいたします。
残念ながら、自公圧勝でも株価にはさほど影響はありません。