読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikkei225オプション日記

日経225オプションをこよなく愛するためのサイト

南仏ニースでテロ、日経平均に暗雲

南フランスのニースでテロのニュースが飛び込んできました。そう言えば、昨日はパリ祭、フランスの革命記念日でした。学生時代に何かの恋愛映画で、「7月14日は、パリ祭です。」という印象的な台詞があって、今でもこの日は覚えています。
ニースと言えば、「南フランスプロヴァンスの旅」という旅行会社のキャチフレーズで有名な都市で、多分カトリックの宗派で、オリーブ畑があって、日差しが強く、海岸に備え付けたリクライニングベッドにサングラスをつけて横たわり、右手には、リキュールみたいな…。確か、絶対王政の時代、ローマ教皇が連れて行かれたアヴィニョンも近くにあったような…、まあそういうイメージの観光都市です。
その都市で、パリ祭を祝い、花火大会をやっていたところにトラックが突っ込み、銃を乱射し、100近くの人が殺害されました。トラックは肉片を2kmも引きずったとの情報もあります。まあ悲惨な事件です。詳細は不明ですが、ISIL絡みだと噂されています。政府は観光都市を目指すと言っていますが、本当に大丈夫でしょうか。国際情勢に疎い島国の絵空事のように思えてなりません。
さて、日本は明日から三連休です。まずいパターンです。「遠くの戦争は買い、近くは売り」という相場の格言もありますが、これに当てはまるのはマーケットの開いている時で、三連休の隙をついて海外マーケットが売り浴びせられると、日経平均は大幅ギャップダウンとなる可能性があります。
世界情勢は混沌としてきました。少なくとも、観光産業は数年厳しそうです。オリンピックまで世界の混沌は解決されるでしょうか。東京に投下されるオリンピック向け投資の回収は果たしてなされるでしょうか。暗雲が立ち込めてきました。日経平均もそろそろ限界が近づいてきたように思えてなりません。