読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikkei225オプション日記

日経225オプションをこよなく愛するためのサイト

バーナンキ・プットって知ってますか? ヘリコプター・マネー待望の前に

先日、安倍首相と前FRB議長のバーナンキが会談した意味を考える上で一番分かりやすい言葉を思い出しましたので、お知らせいたします。それは、「バーナンキ・プット」です。
この言葉が生まれたのは、彼の徹底した金融緩和政策のことを指しています。株価が下がりそうになると金融緩和をして株価を支えてくれることから、それがあたかも株価の保険、つまりPUTオプションのようだという意味からついている言葉です。なんとこの用語は、証券会社の株式用語辞典にも収録されています。ここでは野村證券のページを紹介いたします。https://www.nomura.co.jp/terms/japan/ha/A02003.html
実は、この言葉はバーナンキの前のFRB議長グリーンスパンにも同様の言葉があります。「グリーンスパン・プット」。そのままんやないけという言葉かが飛んできそうですが、まさにそのまんまです。つまり、アメリカの中央銀行は、20年以上の長きに渡り、株価が下がりそうになると一貫して金融緩和をしてきたということなのです。勿論、効果があったからだと思いますが…。
安倍首相がバーナンキと会い、官邸筋からヘリコプターマネーという言葉を流行らせ、何とか株価を支えようと努力しているこのタイミングで、yahooニュースのトップ記事に「消費税10%肯定が過半数 」の記事が掲載されました。
また、フジサンケイグループ財務省を慮っての提灯記事かと怒りを覚える一方で、多少割り引くにしても、未だに消費税を上げることを支持している国民が多いことに驚きです。
国民への経済教育が本当に大切なのだと思い知らされた次第です。バーナンキの金融緩和の時代、日本の中央銀行はどのような政策だったかご存じでしょうか?