読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikkei225オプション日記

日経225オプションをこよなく愛するためのサイト

敵の傷口に塩を送る。都知事選、鳥越氏の完敗だけは確定。

選挙に勝つという一点のみにおいてという前提ですが、私は野党共闘を否定はいたしません。しかしながら、候補者の資質については徹底的に吟味しなければ、自分の支持基盤さえ失うのだという高い授業料を民進党及び共産党は都知事選で支払うことになったと思われます。

プットオプションの買い方としては、今回、二度と来ない絶好球が来たと本当に思いました。しかしながら、野党側の失策で勝負はもうついたと言っていいでしょう。大暴落で巨万の富を得る予定だったのですが、今回はもう難しそうです。果たして、悲しいのか、嬉しいのか。自分でも現在の心境を説明するのは困難です。祭りの後、ぼんやりと心に穴が開いてしまったような寂寥感に包まれています。
昨日、調布市深大寺詣でを終えて調布駅へ向かうバスの中、9割方、70歳から80歳位で構成されたデモの集団に出くわしました。「戦争法案、はんたーい」積み重ねた年月と暑さによる疲労で、声は爛れ、決して周囲に木霊することなく、道路の下のアスファルトへ静かに吸い込まれていくようでした。こうした熱心な支持者たちを野党連合は、裏切ったと思うと悲しい気持ちになります。
私は野党連合の支持者ではありません。また、野党側がいう戦争法案なるものにも賛成です。しかし、主張は違えど、こうした市民の草の根の運動にはある種の敬意を持っております。
民主主義は、議論を深めるものです。スローガンを繰り返し叫ぶことではありません。ちゃんとした候補がいたのに、よりにもよってしょーも無い候補者を野党連合が統一したばかりに選挙がスキャンダル合戦に終始することになってしまいました。
今日、YouTube で都知事候補の討論会を観ました。中川さん、上杉さんなかなか良かったと思います。私は立花さんも、桜井さんの主張ももっとメデイアに出して、討論の俎上に置くべきだと思います。その上で有権者は判断するべきです。移民問題NHKの問題は大きな問題ですよ。メディアは誰が勝つのかではなく、誰が有利かでもなく、もっと多様な候補の主張を取り上げることこそ求められています。地上波がくだらないから、ネットで情報を取るのですよ。
時代は変わりました。もう、政党や特定のメディアを超えて、自分の目で候補者を判断するようになりました。今回の鳥越俊太郎は、そのターニングポイントになったと思います。地位でもなく、有名であることでもなく、やはりその人の能力、適性を有権者は判断します。流石にあれはダメです。それを統一候補に推した政治は堕落しています。

JAL・MasterCard入会キャンペーン!