読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikkei225オプション日記

日経225オプションをこよなく愛するためのサイト

為替がポイント。押し目買い継続

昨日の日中取引で、日経平均は400円近く上昇したこともあり、夜間取引では50円ほど安い水準で引けました。NYダウは約100ドル上昇し、良好なアメリカ経済を受けて着実に上昇しています。FOMCと日銀金融政策決定会合までイベントがなく、日銀のETF買いや運用損で話題のGPIFが株価を下支えするので、今日も底堅い展開を予想しています。波乱要素は、海外のテロや上海市場くらいなもので、月初までは大丈夫でしょう。為替が大幅上昇のポイントです。朝は若干円高方向ですが、反転すれば右肩上がりの展開があります。前日大幅高の場合、トレントフォロー戦略のファンドの影響なのか最近の傾向しては、2、3日続伸する事が多くなっています。

さて、GPIFの損失が非常に大きくなり、アベノミクス好調時の利益を吐き出してしまいました。短期的に見てはいけないのですが、出口戦略を立てにくい大規模投資は株式市場でも非常に難しい事が実証されつつあります。勿論、投資のプロというより、塩崎厚生労働大臣の個人的な人間関係で連れてきた理事やプロではなく素人が責任を持つ官僚組織優先の人事に問題があることも確かです。しかしながら、やはり大きなロットを持つと流動性が低い市場では、自分が所有する株を売ると株価が下がる悪循環に陥ります。日本市場に偏った投資はやめるべきだと思います。