読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikkei225オプション日記

日経225オプションをこよなく愛するためのサイト

トランプ就任演説目前 波乱の株価

コラム 日々の225オプション

今日の未明、1月21日AM2:00(日本時間)にドナルド・トランプの就任演説が行われます。ここ数日の日経株価は、就任演説を控えての様々な思惑、疑心暗鬼が錯綜して、値動きの荒い展開となっています。ちょっと目を離したほんの数十秒でで50円くらい動いているような感じがしています。それでも、 最終的には19000円前後で終えていますので、値動きの荒いボックス相場が継続しているということでしょうか。

値動きが荒くなると、自分自身が株価に対してどういうスタンスでいるのかという点が曖昧になり、コールを買うはずがプットを買う、プットを買うはずがコールを買うという過ちを犯しがちです。スタンス通りでいる時は、仮に逆にいっても精神的な回復が早いのですが、思いと逆のポジションを取って損失が拡大した場合には精神の立て直しが非常に難しいのです。いつも以上に慎重なトレードが望まれます。

さて、トランプ大統領就任演説ですが、アメリカの株式は失望感が高まり、一時的に大幅な下落を予想、その後は回復するいうシナリオを予想しています。ブレグジットも株価に対して大して影響を及ぼしませんでした。トランプ大統領の就任て演説も余程の失敗を犯さなければ、結局、元サヤに戻るということになるのではないかと思います。いずれにせよ大きなイベント前で、オプション買い方に有利です。