読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikkei225オプション日記

日経225オプションをこよなく愛するためのサイト

森友学園問題とは? 籠池婦人メールが、民進党辻元清美議員に飛び火

Kiyomi Tsujimoto

森友学園問題について、昨年の暮れからネットメディアでぽつぽつと報じられていましたが、首相夫人と国有地の払い下げという距離感の遠さもあり、風が吹けば桶屋が儲かるといったような感が否めず、ニュースの価値は低いと考えてほとんど無視していました。しかしながら、年を跨ぐと、野党の政治戦術もあって、徐々にこの問題がクローズアップされてきました。当初はだんまりを決め込んでいた新聞、テレビなどによって問題が取り上げられるようになると、完全に火がつき、森友学園問題は今や日本政治における世間の最大の関心事にまでなっています。私自身、あまりに無視を決めこんだため、日常会話についていけないほど状態となりましたので、いったんこのブログを通して整理したいと思います。

森友学園問題の本質とは

国有地が政治的な圧力によって、不当に安く売られたのではないか?

このことに尽きると思います。今や問題がありとあらゆるところに拡散してしまい、何が何だか分からなくなってしまいそうですが、これがすべてであると言っていいでしょう。後は何というか、籠池さんというイメージの悪い人とセットにして、安倍首相のイメージを下げようとする野党と、そうさせまいとする与党の争いにすぎないのですが、それはさておき、2つの論点に絞って、説明いたします。

論点1 学校用地(国有地)は不当に安かったのか?

結論から言うと、民間の土地取引売買から考えると幾分安かったということです。破格とまでは言えません。この点については、現役の不動産鑑定士が書かれた秀逸なブログがありますので参考にしてください。

reatips.info

新聞等の見出し等だけから判断すると、10分の1という破格の安さが強調されていますが、これは印象操作で、適正な価格とは異なります。新聞見出しの前提は土地の瑕疵がないもの(ごみの撤去費用を前提としない更地の価格)を前提にしています。ですから、ゴミの撤去費用が正しい見積もりだったのかどうかという点が、最も需要な点と言えます。勿論、国民はこの撤去費用(8億円程度)に疑いの目を向けているわけですが・・・。

ただし、これが学校という公共性の高い土地取引という観点からみると、一概に高かったのか、安かったのかという結論を導くことはできません。というのは、この森友学園の取得用地に隣接する野田中央公園が国から豊中市に売却され、まことに興味深い内容となっております。その取得費用について森友学園と比較してみましょう。

 森友学園豊中市
土地 豊中市野田町1501番 豊中市野田町1501番
面積(㎡) 8,770 9,492
地価 95,600 142,300
単価(㎡あたり) 約109,000円 約150,000円
売却時期 2016年3月 2010年3月
ゴミ撤去費用(万円) 80,000
国庫補助金(万円) 71,193
交付金 69,069
取得費用(万円) 13,400 2,124

 ※数値については丸めてあります。財務省資料から独自に作成。

取得費用についてみると、豊中市は14億2,300万円の土地を2,124万円で取得しています。勿論、適法な補助金が交付されたのでしょうが、公共性の高い土地売買は、そもそも価格が忖度されるのが日本の慣行といえば慣行なのです。 新聞社の敷地、学校法人の敷地、枚挙に暇がありません。

論点2 首相サイドの政治的な関与はあったのか?

  1. 籠池氏の心証 → 政治的な関与があった。(国会証人喚問より)
  2. 財務省 → ない(迫田英典(当時の理財局長)・参考人質疑)
  3. 近畿財務局 → ない(元近畿財務局長の武内良樹・参考人質疑)
  4. 安倍昭恵夫人付官邸職員FAXのやりとり → 現況の照会記録あり。
  5. 安倍昭恵夫人と籠池夫人のメールのやり取り → 意味不明

財務省は売買契約の締結後、交渉の記録を破棄してしまっています。このことが揣摩臆測を呼ぶことになったのですが、物証は何一つありません。政治家が陳情を受けて、それについて役所に聞いて現状を説明することくらいはどこの政治家もやっていますよね。これだけでは政権を追い詰められません。真相はまさに藪の中といったところでしょう。

以上からみると、いくら国会で追及したところで何も出てこないことは初めからわかっていたと言えます。後はお互いのネガティブキャンペーンと政治的な印象操作の擦り付け合いに終始する結果となりました。あまりに無理筋で、生産性のない国会審議に批判した人、尤も批判よりは余りにくだらないので情報を遮断した人も多かったのではないかと思います。

民進党辻元清美衆議院議員のやらせ疑惑に飛び火

追及したはずの野党も、上の5番目に挙げた安倍昭恵夫人と籠池夫人のメールのやり取りの中で、民進党辻元清美衆議院議員が、森友学園のゴミ撤去について、自身と関係の深い人間を作業員として潜り込ませ、「ゴミは撤去していない」とウソの証言をさせたという疑惑が持ち上がり、SNSを中心に今まさにネットで炎上中です。SNSによると、民進党はテレビ局にこの報道を自粛するように呼び掛け、テレビ局も現在のところこれに応じているらしく、火に油を注ぐ展開となっている模様です。2ちゃんねるのニュース速報では、スレッドが凄まじい速度で増え続け、過去の記録を更新する勢いです。日曜日のフジテレビ報道2001で、玉木雄一郎衆議院議員が、今日3月27日に辻元議員が釈明会見をすると言い切ったにもかかわらず、その会見が中止となったことも影響しているのかもしれません。一寸先は闇というか、相手に対して行った批判が自分に返ってくるお得意のブーメラン的状況に民進党がまたも陥ってしまったのでしょうか。

日本国民は自民党に変わる政権よりも、民進党に代わるまともな野党交代を待望する状況がしばらくの間は続きそうです。