読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nikkei225オプション日記

日経225オプションをこよなく愛するためのサイト

豚丼300円。吉野家が便乗しちゃったプレミアムフライデー

Premium friday logo en

月曜日のみぞれ交じりの天気と異なり、昨日の火曜は晴天に恵まれました。昼休み、いつもよりもちょっと遠くまで行って食事をしようとと歩いていたの時ふとしたポスターが目に留まりました。

プレミアムフライデー第一弾 吉野家 春の300円祭り」

あーあ。デフレ脱却どころか、デフレ促進じゃないか。と心の中で思ったのは私だけではありますまい。

吉野家「春の300円まつり」3月と4月は期間限定の時間とメニュー!プレフラ拡張!? - mixup

経団連通産省は、もう少し頭を使って、現行のな景気動向の下、政策がどのように使われてしまうのかを少し考える必要があるのかもしれません。だいぶ前ですが、公明党が主導、ばらまき批判のあった地域振興券*1の方が今思うとまともだったのかなあと思います。ばらまきこそ、善。パーッといきましょう。パーッと。この感覚がないとデフレ下の経済政策はうまくいきません。経済効果をあげようと思ったら、倫理は不要。「白河の 清き流れに 住みかねて もとの濁りの 田沼恋しき」の狂歌を思い出しましょう。おーっと、日銀では、もう出口戦略を模索すべきなんていう意見も出始めているようで、油断は本当に禁物です。何しろ、月末の忙しい金曜日をわざわざ消費喚起の日に設定するのがお公家さんの発想です。経済政策は公務員には無理という諦念とその覚悟を国民は持つべきだと私はつくづく思います。さあ、年度末の金曜日を迎えます。

*1:1999年4月1日より日本全国の市区町村が発行し、一定の条件を満たした国民に額面1,000円の地域振興券を1人20枚ずつの1人2万円分、総額6,194億円を贈与という形で交付した。交付開始日から6ヶ月間有効で原則として、発行元の市区町村内のみで使用でき、釣り銭を出すことが禁止され、額面以上の買い物をすることを推奨した。